読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気いっぱい

今日も1日元気いっぱい!カゼをひかないよう毎日を過ごします!

コレステロール値が高い人は、脂質異常症かもしれない

運動もせず、制限なくのんでしまう性格で、コレステロールの多い食物に目がない人、脂質が多量に入っている高カロリーな食べ物を摂ることが多い方は、脂質異常症に見舞われてしまうと聞きました。 ノロウイルスがファクターとされる食中毒は、いたるところで…

目が重い…ツライ睡眠障害を克服するにはどうすればいい?

睡眠障害と言うのは、睡眠に関連する病気全部を広く示す文言で、夜中の睡眠ができないもの、昼日中に目が重くなるものもその一種です。 ALSにつきましては、筋萎縮性側索硬化症のことを意味します。どうして罹ってしまうのかは現在のところわかっていません…

昼間の生活がダメダメに…眠れない不眠症

理想的な時間帯に、寝るために電気を消しているのですが、寝ることができず、そういう事情から、昼間の生活の質が落ち込む場合に、不眠症だと言い渡されます。 健康体だと言える人は、健康の大切さを認識することは少ないはずです。健康の大切さと申しますの…

生命の状態を一定に保つ恒常性…ホメオスタシスとは

今更ですが、「ホメオスタシス」が的確に発揮されないこともあると言えます。そのような時に、体調の改善のフォローをしたり、原因そのものを取り去るために、医薬品を処方するわけですね。 心臓疾患内におきましても、動脈硬化が原因と目される虚血性心疾患…

食事、運動、早寝早起き。良い習慣が良い体をつくります

早寝早起き、同じ時間帯の栄養に配慮した食生活が土台になくてはなりません。少々汗ばむくらいの運動は、新陳代謝機能や呼吸・循環器系機能を向上させることに役立ち、ストレスも少なくしてくれます。 心筋梗塞は朝早い時間帯に発生することがままあるので、…

その立ちくらみ、大丈夫?血圧の調整ができない自律神経の異常かも

不安定な生き方は、自律神経を錯乱させることに直結し、立ちくらみを発生させます。御飯や寝る時間などは毎日変わらないようにして、生活スタイルをキープすべきです。 使う薬がハナから有している特徴や、患者さんの現況に影響されて、規定に沿って摂取して…